報告

すみよしまつり


    UDRP防災都市再構築研究プロジェクト
    体重支持指数の測定のようす
    UDRP防災都市再構築研究プロジェクト
    立ち座りテストのようす
    UDRP防災都市再構築研究プロジェクト
    逆断層実験は小さなお子さんにも人気でした。
    UDRP防災都市再構築研究プロジェクト
    ペットボトルを用いた液状化現象実験

arrow 概要
    名称 すみよしまつり
    日時 2014/10/25
    場所 沢之町運動場
    参加者 地域住民、大阪市立大学
arrow レポート

    住吉区民センター・沢之町運動場にて開催されたすみよしまつりに参加し、地域住民の方と交流を深めました。ODRPのブースでは昨年も行ったポスター展示、体力測定に加え、地震に関する実験の実演を行いました。

    体力測定では体重・体脂肪の測定、座り立ちテスト、体重支持指数の測定、握力の測定などを行いました。ご年配の方を中心にたくさんの方に測定を希望していただき、整理券を配布させていただくほどの盛況でした。測定された方々には、自分の体力を知っていただくことで、今後の健康状態とあわせて災害発生時の避難体力について考える機会を持っていただければと思います。

    実験実演では逆断層実験と液状化実験を、ミニチュアで実演しました。住吉区には上町断層が通っていることから、逆断層実験に関心を持っておられる住民の方が多く見られました。また液状化実験では、どのようにして液状化がおこるのかを説明しながら実験を体験していただき、仕組みを理解していただきました。

    今回のすみよしまつりでは、たくさんの住民の方から阪神淡路大震災のときの体験談や、地震に対する意識や備えのお話を伺う事が出来、住民の方と防災を通して交流を深める事が出来ました。